ウーマン

コンプレックスは整形手術で即効解消!自分を愛してあげられる魔法

美しさの探求と歴史

注射器

美に関する歴史

美しい顔や体の定義は国や時代によって違っていますが、美しさを追求したい、という考えはいつの時代も共通で人間、特に女性が持っている当然のものです。そのため現在、美容整形を受ける人が増えてきました。美容整形は、自分の抱えるコンプレックスを解消させ、美しさを簡単に手に入れられる方法として人気です。その美容整形には、多くの歴史があります。昔は、美しさの象徴と言われるのは、アクセサリーなどの体に身に着けるものの大きさなどで決まっていましたが、時代が進むにつれて、体のパーツが美しさを決める、という概念に変わってきました。19世紀ごろ、美容整形ではなく骨や体の骨格などを施術する形成技術が発達して行き、形成技術は立派な「医療行為」として認められるようになってきました。そのような中で、形成だけではなく、美のための美容整形が注目されるようになってきました。そして1845年には、世界初の美容整形が行われたと言われています。このころ、美しい顔というのは「ギリシャ的」な堀の深い顔と言われていたため、ユダヤ人が偏見を消し去り生きやすくするために、自らの顔を変える美容整形を受けたと言われています。それを皮切りに、医療行為でなくても顔にメスを入れたりすることが幅広く認知されるようになり、日本でも昭和初期に整形技術がヨーロッパから持ち込まれ、利用されるようになりました。当時は、ヨーロッパ的な高い鼻や堀の深い目が好まれており、そのように顔を整形する人々が多くいたと言われています。

現代の技術

しかし、現代では美容整形の概念は少しづつ変わってきました。例えば昔のものは、顔にメスを入れて鼻の高さを変える、目の堀を深くするといった場合、大掛かりな手術が必要になり、術後も3週間程度安静にしていなければ仕上がりが良くならないと言われていました。しかし最近では、そのような大掛かりな手術をしなくても、日帰りで気軽に整形が受けられるようになってきました。その背景には、急速な医療技術の発達があげられます。医療技術、医療器具の向上に伴い、美容整形に関する技術も年々進化していき、最近ではメスを使わずに施術出来るような方法も多くなってきました。さらに、術後の感染症などを防ぐために、医療施設でのアフターケアも充実しており、そのようなリスクも昔と比べてかなり減ってきました。メスを使わない手術方法では、術後のダウンタイムと呼ばれる安静にしていなければならない時間も格段に少なく、さらに皮膚に傷がつきにくく、傷がついたとしてもほとんど目立たないようなものにすることが出来るようになったため、安心面が増えてきたことも、美容整形が人気を集めている理由の一つです。さらに、目や鼻の形を変える、といったものだけでなく、肌を美白したり、脂肪吸引をしたり、胸を大きくしたりなど、多種多様な整形技術も確立され、体や顔のあらゆるコンプレックスに対応出来るようにもなってきました。美容整形は、このように様々な歴史を経て、現在とても安心、安全でポピュラーな人気の美容方法として確立しました。