ウーマン

コンプレックスは整形手術で即効解消!自分を愛してあげられる魔法

美容医療の現状

美容整形

美容医療が盛んな理由

以前から女性が悩むことの多かった目元の悩みや肌の悩みは、美容整形で根本的な解決が可能でしたが、美容外科の受診は敷居が高いイメージが一般的でした。しかし、最近では美容外科の数が増えて受診する人も増えており、女性だけでなく男性でも美容整形を受ける人が増えています。美容外科が人気になった理由としては、扱う分野が非常に幅広くなったこと、気軽に受けられる治療が登場したこと、支払い方法の改善の3つが挙げられます。扱う分野の拡大は今でも起こっていることで、以前は顔のパーツ・肌の改善が一般的だった美容整形が今では脂肪吸引、植毛、豊胸・乳房再建など様々な分野を扱うようになりました。特に乳房再建は乳がん手術で乳房を摘出した人に人気で、美容外科では珍しいことに保険が適用されることが多いです。このように、美容目的だけでなく疾患の治療など様々なケアが可能になったことが、美容外科を受診する人の増加に繋がっています。もう一つ美容外科の人気を後押しした要因はプチ整形の登場です。従来一般的だったメスを使って切開を行う手術は、術後の腫れや入院の必要性など身体的にも経済的にも負担が大きい整形でした。しかし、数十分単位で治療が終わり、入院の必要もなくて料金も抑えられたプチ整形の登場で、美容外科は身近な存在となりました。プチ整形は大きな変化は得られないものの、逆に自然な仕上がりで人気を呼んでいます。料金面でも医療ローンが使用できたり、クレジットカードや分割払いが可能になり、より少ない負担で美容外科を利用できるようになった点も人気の秘密です。

受診の際の工夫

美容整形は基本的に審美的な悩みを解決するために利用するので、最終的にどのような仕上がりにするかは患者側がはっきりとイメージしておく必要があります。自分の理想のイメージを医師に的確に伝えるためには、メモ・写真・数回の受診が必要です。理想像が明確で言葉にしやすい場合に向いているのがメモで、複数の部位の治療を受ける際は部位ごとに箇条書きで希望をまとめることが効果的です。骨格や顔の全体のバランスを見て、希望通りにいかないものもあると指摘を受けることもありますが、あくまでも希望は全て伝えておくということが重要です。言葉で説明しづらい場合に役立つのが、自分の理想像に近いモデルなどの写真です。写真を利用する際には、骨格や体型が自分に近い人物のものを使う工夫が必要です。美容外科では医師やカウンセラーが顔や全身のバランスを考えた上で手術の提案をしてきます。骨格・体型が大きく異なる人物の写真では、難しい治療が多く出てくることもあって理想像から離れた結果になることがあるので注意が必要です。最後に大切なのが、一回の診察でどのような仕上がりにするかを決定しないことです。実際に美容外科を受診すると、自分の希望をもとに医師がシミュレーションをしてくれます。シミュレーションでは器具を用いたり、画像を用いたりして仕上がりを再現しますが、実際の仕上がりを具体的に確認することで希望が変わる場合があります。その際は更に検討したい旨をしっかり医師に伝え、理想通りの整形を受けるようにしましょう。